買ってきたもち米が、みるみるなくなっていきます。家、及び実家に電動餅つき機はありますか?

12月 19, 2016 No Comments

これはTweepieがお送りする、みんなのツイートからいろんな人の
いろんなことをのぞいてみよう、というコラムです。

本日のテーマ: 家、及び実家に電動餅つき機はありますか?

https://twitter.com/pechiko_cos/status/803590179508236290

長野県松本市の男性若手農家4人のグループがもち米の栽培から加工販売までを担う商品「色男の力もち」の製造作業がピークを迎えたと、信濃毎日新聞2016年12月7日付の記事にあります。もち米は「わたぼうし」という品種を使っており、餅にすると甘みが強く、粘りがあるのだとか。年末年始かけて、イベントなどで餅を食べる機会が増えますが、家や実家に電動餅つき機がある、もしくはあったという人はどれくらい存在しているのでしょう。

【1】6150票中、60%が「ない」で、40%が「ある」と回答

ないという人には「ないよー!もち米を自分たちでぺったんぺったんしてた!」「電動餅つき機どころかうちは毎年おばあちゃんちで杵と臼」「小さい時、毎年餅つきしてたからそれが当たり前に皆している事なんだって思ってた事を思い出したw それも、曾祖父がつくった杵と臼でw」「うち農家でもなんでもない一般家庭なのに私が生まれるより前から庭で親戚友人呼んで臼と杵使って餅つきするの何なんだろう…もち米炊くの竈だし…」といった声が見られます。

家族の人数が多いのが当たり前だった時代は、作る方も食べる方も人数が確保できて、大量に用意しても消費できたのでしょう。杵や臼を保管しておく場所だってあったはずです。しかし核家族が増えてからは、町内会や幼稚園、小学校などのイベントでしか体験しにくくなりました。

頻繁に餅つきをすることはあまりないでしょうし、杵と臼をしまいっぱなしにしておくだけの物理的なスペースが惜しい、というのはわかります。餅は買ってくるものという家庭だと、餅つきをするチャンスはイベントのときくらいになってしまい、杵と臼で作るイメージが強くなるでしょう。

【2】年配の方がいる家で好まれている
頷いた方々は「おばあちゃん家にありました!グルングルン回るやつ!」「我が家は臼とか無い代わりに電動餅つき機って感じだった!」「父母の実家では杵と臼でしっかり餅つき今でもやっておりますが、自宅では電動餅つき使っております。風習通りに末広がりの8、28日にやってますね…」「うちもありましたが、リフォームの際に廃棄したそうです。(^_^;)」「我が家にもありますー!毎年年末のみ起動しますが……_(┐「ε:)_」としていました。

弘前経済新聞2016年4月8日付の記事によれば、青森県弘前市で100年以上続く老舗「戸田うちわ餅店」が、先代が亡くなってから4年ぶりに営業を再開したものの、1か月も経たずに休業しているのだとか。仕込み中に餅つき機が動かなくなったのが原因で、機器の製造メーカーが廃業しているため、修理もままならない様子。今やプロですら機械の恩恵を受けて餅を作っており、故障すると立ち行かなくなってしまうのは、興味深い話です。

一般では現役で稼働させているところもあれば、すでに使わなくなってしまった家庭も見られました。後者は手間やコスト面の問題から、切り餅等へ切り替わってしまったみたいです。道具があれば使おうという気が起きると思うので、やがては餅を食べる機会すら、減っていくでしょうか。

機械がなかったり高かった時代であれば、自分たちでもち米をついて食べる方が、結果的にはリーズナブルだったはずです。しかし段々とそれが逆転して、自宅で餅をついて食べることがぜいたくになってきています。風情という点に目をつぶれば、電動餅つき機はちょうどいい選択なのだと思います。

【今回のナンバーワンツイート】……「毎年、実家でついてます。電動餅つき機で。美味しいんですよね…(●´ω`●)粒加減も調整できるから大好きです…♡多分もう相当な稼働年数ですが現役です☆」
一度買えば結構動いてくれて、手軽に好みの具合にできるのはいいところです。壊れにくいのは、頻繁に使うものではないからかもしれませんが、つきたての餅はやっぱり一味違いますからね。

あなたは「家、及び実家に電動餅つき機はありますか?」 Tweepieアンテナで、ツイートお待ちしてます

みんなのツイート一覧

道を踏み外して生きるか、流れに任せて死ぬか、究極の選択です。自分の寿命を延ばすため人を殺せる?

殺人事件の発生率が世界最悪級とされている中米の国エルサルバドルで11日、過去2年間で初めて殺人事件 が丸1日発生しなかった事例が記録されたと、2017年1月15日付でCNNが報じています。いろんな意味で、す ごいニュースです。ところでもし、あなたの寿命が今日までと告げられた上で死神に“自分で手を下せば その人の寿命をもらえて、しかも罪に問われない”と持ちかけられたら、みなさんはどうするのでしょうか。 一緒に結果をのぞいていきましょう。

主婦の皆さんのホンネ、聞かせていただきました。家事の負担が減るような家電、どう思う?

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズが、世界初となる全自動衣類折りたたみ機「ランドロイ ドワン」の予約販売を、2017年3月からスタートすると発表しています。人工知能を搭載し、ベス トなたたみ方を学習していくのだとか。スマホからも操作でき、家にあるとちょっぴり嬉しいです。 ちなみに既婚女性の方々は、家事の負担を減らしてくれる様々な家電について、どう受け止めて いるのでしょうか。

見た目はせんべい、味は食べてのお楽しみです。ニラせんべいを知ってる?

農畜産業振興機構のサイトにある野菜図鑑のページによると、ニラは冬から春にかけてのものが 葉肉が厚くやわらかなのだとか。日本では万葉集や日本書紀にも記述があるほど古くから食べら れてきた野菜です。そのニラを使った料理に、ニラせんべいというものが存在するのですが、ど れくらいの人に認識されているのでしょうか。みなさんのつぶやきを、確かめてみました。

キャラクターの愛され具合では、双方引けを取りません。ディズニーとジブリ、どっちの映画が好き?

日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で2017年1月13日から3週にわたり、スタジオジブリの映画3作品 を放送すると2016年12月23日付で日テレNEWS24が報じています。いずれもノーカット版。放送中に キャンペーンが行われるので、興味のある方は特設サイトをチェックしてみてください。さて、ア ニメ映画といえば、パッと頭に浮かぶのはディズニーとジブリですよね。そこで国内だと、一体ど ちらの人気が高いのが探ってみました。

ファンが多いぶんだけ、楽しみ方の幅も広いジャンルです。JRか私鉄どっちが好きですか?

旧国鉄の分割と民営化でJR各社が発足して、今年で30年になると2017年1月4日付でNHKが報 じています。新幹線技術の海外展開や、人口減少に伴う赤字路線の増加が課題となっており、 節目の1年になるとのこと。しかし現在、鉄道会社はJRだけではありません。そこで単純な 人気としてはJRと私鉄、どちらに軍配が上がるのか、みなさんの声をのぞいてみました。