帰り道には、早くも影響されて絵を描きたくなってます。美術館にはよく行く?

7月 7, 2014 No Comments

これはtweepie「みんなのツイート」から、いろんな人の
いろんなことをのぞいてみよう、というコラムです。

本日のテーマ: 美術館にはよく行く?

https://twps.jp/1p/answer_list.php?q_id=1209

夜10時まで開館している森美術館を筆頭に、東京近郊で夕方からでも入れるアートスペースがまとめられた自由国民社による書籍『仕事帰りの寄り道美術館』を、新刊JPニュースが2014年7月4日付で紹介しています。高尚なイメージを崩し、気軽に立ち寄れる場所になりつつある美術館、みなさんはどれくらいのペースで行っているのでしょう。早速お話を聞いてみました。

【1】美術館は年配女性に好まれている
半数近い48%が「たまに 好きな催事をしてたら」「たまに 名の通った作品が展示された時くらいですかねえ」「たまに (´・ω・`)旅行先で時間が余った時とか」「たまに 行ったね…でも題材によるからどっちかと言うと博物館の方が好きかも?(^◇^;)」「たまに 目の保養に」でした。やはり展示内容で行くかどうかを判断しているみたいです。

性別だと男性は“行かない”が54%で過半数の一方、女性は“たまに”が59%と大きく違いが現れています。世代別だと10代は“行かない”が76%と大半で、20代以降、半分近くまで割合が減るものの40代まで同項目がトップ。50代以降は“たまに”が70%以上を占め、時間と経済面の余裕を感じます。

地域別だと九州の83%、四国の70%、関西の59%が“たまに”で、他の地方は大体5~6割強が“行かない”へ投票しています。また中国地方は“行く”が15%と、総合結果の二倍以上でした。職業別だと会社役員、無職、学生は半数以上が“行かない”で、パート・アルバイトはそこに“たまに”を加えた二者が同じくらい。他は“たまに”が半数から7割弱といったところでした。既婚者や子供のいる家庭だと約63%が“たまに”を選んでいます。

上記を踏まえると九州に住む50代以上の女性は、3人中2人がたまに美術館へ通っている、と考えられます。学生ほど、美術といえば授業を思い出してしまうのかもしれませんね。芸術観賞には、知識よりも精神的な余裕が重要だと思います。リラックスして素直に作品と向き合う雰囲気作りがなされているところが、あえて美術館で見ることの利点でしょう。

【2】なかなか行くきっかけがない
6人減って47%で次点は「行かない 近くにできて欲しいな~」「行かない 絵画・彫刻は、イマイチわかりましぇーんw」「行かない 一時期はよく行ってたけど、最近はめっきり。混んでるのがイヤなのよね」「行かない てか、鑑賞するのに立ったまんまなんで疲れる~動きがある鑑賞なんていいね(^-^)」でした。まったく行かない以外に、昔は行っていたものの頻度が下がっていったとのつぶやきも出ています。

はっきり「行く 地方へ行ったらだいたい寄ってるかも。。。」「行く 美術館や博物館は落ち着くため、わりとよく行きます」「行く 気分転換に最高」「行く ルノアールとモネがだいすき(#^_^#) 」「行く 実際のピカソ見たい~☆」と答えた人はあまりおらず、純粋に美術が好きなタイプと場所が好きで行くタイプの二通りが見られました。

さて、ネット上の画像と実物では当然異なってくるものの、大まかな部分は把握できます。2014年5月20日付でITmedia ニュースが報じたところによれば、ニューヨークにあるメトロポリタン美術館が非商用の目的に限り、所蔵作品の写真をダウンロードできるサービスを発表しました。OASCマーク付きのものに限定されますが、フェルメールやドガといった画家の作品が心ゆくまで無料で楽しめます。

インターネット上で仮想的に館内を体験できる美術館は国内外にありますから、まずは家でざっと目を通してみるのも良いでしょう。しかし本物に触れてこそ真の価値を理解できるという点は、忘れずにいたいですね。画家と呼ばれている人たちの仕事を通じて、アートを見る目を養えば、ハイセンスな暮らしができるようになるはずです。

【今回のナンバーワンツイート】……「たまに 文化の日(入館料が無料になるとこ多い)は必ず行く」
気軽に美術に触れてみたい、でも高いお金を払って知らないアーティストの展覧会を見に行くのはちょっと、という人はこういった機会を活用してみるといいでしょう。今後のお気に入りとなる作品に巡り会えるかもしれませんよ。

あなたは「美術館にはよく行く?」 tweepieで、ツイートお待ちしてます

みんなのツイート一覧

食べる人によって邪魔な飾りにも、なくてはならない存在にもなり得ます。桜餅の桜の葉 どうしてますか?

京都府南丹市で作られた桜餅が練り込まれたジェラートを、第三セクターの「美山ふるさと」が 商品化したと2017年4月12日付で京都新聞が報じています。あん抜きの餅と葉を粉砕した素材が入 っていて、食感はばっちり。ゴールデンウィークまでの販売となっています。ところで桜餅といえ ば、塩漬けにされた桜の葉がつきもの。さてみなさんは、あの葉をどうしているのでしょうか。

ヘアカラーまでは変えていない男性が多いですが、女性はどう見てるのでしょう。好きな男性の髪色は?

資生堂が「マイナビ学生の窓口」と連携して行った調査によれば、全国の一般企業における新卒 採用面接官に、最も第一印象が良いと思われる髪型はツーブロックだったとUNOのブランドサイト 内にある「REAL HAIRSTYLE REPORT」で発表しています。さらに就職の場合、髪色は黒が望ましい わけですが、面接官じゃなく女性に好まれているのはどんな髪色なのでしょうか。みなさんの声を 探ってみました。

ゲーム界の2強がいよいよ激突、よりアツいハードが判明しました。買うならどっち?

3月3日に発売されたNintendo Switchは、約1か月で52.4万台の売り上げだったと2017年4月3日付で ファミ通.comが報じています。PS4の新作タイトルも健闘し、3月期は年末商戦に匹敵する盛況だった のだとか。現在、据え置き型ゲーム機を新しく買うにあたり、最も有力な選択肢がNintendo Switch とPlayStation4のふたつです。そこでまさに今、みなさんが欲しいのはどちらなのか、内情を 窺ってみました。

LINEにインスタ、Facebookといろいろなサービスを利用していればこそ。SNSが面倒になることがある?

東京都教育委員会がLINEと協力し、「SNS東京ノート」を改訂したと2017年4月4日付で教育新聞が 報じています。3月末に都内の全公立学校に配布され、この4月から活用を開始するとあり、情報教 育が実用に沿ったものになっています。なかなか地方でここまでするのは難しいかもしれませんが、 若い世代ほどモラルがある要因のひとつですね。さて、そんなSNSについて、みなさん面倒に感じて しまった経験はあるでしょうか。

春になると、新しいスタートを切りたくなりますよね。メイクはいつから始めましたか?

資生堂マキアージュのサイトが公表している「春メイクの実態調査」によればメイクを変えたい と思う季節は春が79%で最多でした。同ブランドではパステルでなく、くすみ色をあえて取り 入れる提案をしています。ちょうど年度が替わり、装いも一新したくなるタイミングがきて いますが、女性のみなさんがメイクをし始めたのは、一体どのくらいからなのでしょうか。